古賀医院 泌尿器科・皮膚科・内科|福岡県糸島市

お問い合わせは、お電話にてどうぞ!
文字サイズ

内科

当院は、かぜ・インフルエンザから生活習慣病まで幅広く診察しています。
女性医師による診察も可能です。女性医師による診察をご希望の方は事前に電話連絡をいただければ確実です。
下記の症状がある場合は当院へご相談ください。

発熱、咳、痰、息苦しい、むくみ、だるい、立ちくらみ、頭痛、鼻水、鼻づまり、くしゃみ
血圧が高い、肥満で心配

生活習慣病

生活習慣病とは、高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)といった生活習慣や体質によって起こる病気です。
生活習慣病は無症状な事が多く、また病気が進むと様々な合併症を引き起こします。特に心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まるので注意が必要です。単独でも恐ろしい病気ですが、重複すると命にかかわる危険が増すといわれています。生活習慣病は、自覚症状がほとんどないまま、体の中で進行するからなかなか気づきにくいので受診が遅れがちです。
治療については、生活習慣を変える事から始めますが、食事の取り方、内容、運動の種類や量、たばこやお酒、睡眠時間、ストレス管理に至るまで、幅広く考えていく事で効果的に進める事ができます。

高血圧症

血圧が常に高く、動脈硬化症により脳や心臓、腎臓などの臓器に障害を生じる病態のことをいいます。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や喫煙・飲酒過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられております。
動脈硬化検査や心電図検査などを施行し病状を把握し治療を開始します。
薬物療法でも改善しづらい高血圧は、ホルモン検査を実施します。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中の脂質、つまり悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなる病気です。
高脂血症の主な原因は食べ過ぎや偏食、喫煙、飲酒、運動不足、肥満やストレスなどが考えられます。採血検査で診断します。検診で異常を指摘される患者様も多いです。

痛風(高尿酸血症)

痛風(高尿酸血症)とは、足の親指のつけ根などの関節に、強い痛みを伴う病気です。
血液中の尿酸値が高いと、関節に尿酸の結晶がたまり、突然強い炎症を起こします。 尿酸はビールなどに含まれるプリン体が原因です。
30代、40代男性での発症が多く、女性は少数です。男性に圧倒的に多い病気です。
痛みの時期は、痛み止めの治療を優先し、痛みの改善後に尿酸値を下げる治療を行います。

Page TOP